掌夢 ”旬” shop

shop情報提供と連絡サイト



掌夢 ”旬” shop>> スポンサー広告>> 未分類 >> [米大統領夫人]子どもの肥満対策で食育運動 法案も成立
--------

スポンサーサイト

Ping送信ツール Be-PING
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2011-01-29

[米大統領夫人]子どもの肥満対策で食育運動 法案も成立

Ping送信ツール Be-PING
 ファースト女性と呼ばれる米大統領ご主人人。ホワイトハウスに独自のオフィスを持ち、社会貢献にもかかわる。ミシェル・オバマ大統領ご主人人は、子どもの肥満対策に取り組む食育運動「レッツムーブ」をスタートさせ、超党派で法案も成立させた。ミシェルさんの「レッツムーブ」とは?【ロサンゼルス吉リッチ倫】

 ●30年で3倍に スナック菓子やファストフード、TVゲームにインターネットの波及--。生活習慣の異変から、米国の子どもの肥満率は過去30年に5%から17%へと3倍に上昇。00年以降に生たまさかた子の3分の1は、いずれ糖尿病にかかるか「心臓病、高血圧、がん、ぜんそくなど慢性的な肥満に関係した病気」になる恐れがアルという。

 ミシェルさんは地元の野菜を更に食べようと国民に呼びかけ、率先してホワイトハウスの庭の部分的を家庭菜園に作り替えた。昨年2月には、食生活の改善と体操の励行などを呼びかけるレッツムーブ(さあ動こう!)活動を開始し、省庁や食品業界を巻き込んだ。飲料大手のペプシコが、12年までに小、中、高校で高カロリーの砂糖入りドリンクの販売をやめると発表している。

 ●史上初の試み 特に力を入れたのが学校給食改革。米国では、高校生以下の児童・生徒約5772万人のうち3100万人が昼食を、1100万人が朝食を学校給食で食べる。

 ミシェルさんは塩分と脂肪分が多いフライドポテトを減らすなど、給食の栄養基準を改め、健康な食事を指導する「ヘルシー・ハンガーフリー・キッズ(健康で飢えを知らナイ子どもたち)」法案を推進。昨年、超党派で成立させた。カロリーの上限と下限を定めるのは、米給食史上初めてという。レッツムーブを意識し、給食に巻きずしを出す学校も登場した。

 ●社会貢献も 米国のファースト女性は大統領の賓客をもてなす役割が大きいが、20世紀後半から社会貢献活動も期待されるようになってきた。バーバラ・ブッシュ元大統領ご主人人は識字運動に取り組み、ヒラリー・クリントン元大統領ご主人人は医療保険改革に挑戦したが、党派対立が激しいために具現しなかった。

 米紙ワシントン・ポストは、レッツムーブの成功を「左派、右派間の文化戦争における特筆すべき政治的物語」とたたえた。

 27日も、サウスカロライナ州のフォートジャクソン陸軍訓練センターの食堂を訪れ、無脂肪牛乳を採用するなど陸軍の“シェイプアップ作戦”を視察。近く、軍の家族を支援するキャンペーンも始めるという。初の黒人ファースト女性というだけでなく、実行力アルご主人人として歴史に記憶されるかもしれナイ。


http://news.livedoor.com/article/detail/5304852/
※この記事の著作権は配信元に帰属します

スポンサーサイト
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

掌夢

Author:掌夢
ネットならではの楽しいお買い物ができるように、

良きショップアドバイザーをめざします。

お買い物上手な店長です。

特選品1
カテゴリ
RSSリンクの表示
特選品2
QRコード
QRコード
リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
教えて!太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。